ご主人にAGA治療を勧めるなら、まずはさりげなく髪の話題に触れてみて!そして、AGAや治療について簡潔にわかりやすくプレゼンしてみましょう。

ご主人の薄毛で悩んでいませんか?

AGAで悩む男性は多いと言われていますが、

それと同じく多いのが、夫の薄毛で悩む妻たち。

「昔はもっと髪があったのに…」なんて内心思う奥さんがすごく増えているんだとか。

とくに、男性よりも女性の方がネットや雑誌を見る機会が多いからか、

AGA治療の知識に関しては、奥さんの方が持っているようです。

治療さえ受ければなんとかなる!と思いながらも、

やっぱり薄毛の悩みってデリケート。

いくら夫婦であっても、ご主人は薄毛の悩みを奥さんに打ち明けることはできないし、

奥さんもご主人に対して何も言えないというのが現実…。

確かに、脱毛が進み、薄毛になってきた事実を人に言うのはけっこう勇気がいること。

いくら毎日一緒にいる家族であっても、男性の場合は奥さんに自分の弱みを見せることを嫌がるものです。

また、薄毛のことを指摘するのも勇気がいりますよね。

自分が言ったことで夫が落ち込んでしまったらどうしよう…と奥さんは奥さんで悩むことでしょう。

ただ、ご存知かとは思いますが、AGAは進行性の脱毛症です。

早期発見、早期治療が大切です。

放っておけば放っておくほど薄毛状態は深刻になってゆきます。

そしてひどい薄毛状態になると、AGA専門クリニックで薬を使った治療を受けたとしても、

もはや元に戻すことはできなくなってしまいます。

その場合には、最先端の毛髪再生治療を受けなければいけなくなることに…。

何百万円とかかるので、それは現実的ではありませんよね。

薄毛になっていても、髪がまだ残っている状態であれば、

医療機関によっては月々1万円前後~3万円程度で治療をすることができます。